謹賀新年

明けましておめでとう御座います、本年もメタルヒートを宜しくお願い致します。

2021年はコロナウイルスの影響により、何かと慌ただしい1年となってしまいました。

夏季オリンピックにて日本代表の活躍に観戦が出来なかったにしろ、日本中が湧き株価も一時期3万円台に到達し

経済状況の方も上向き傾向に入って来ました。

今年は冬期オリンピックも有り、年越しで日本並びに世界中の笑顔から1年がスタート出来る事を願っております。

コロナウイルス第6波が来ておりますが、皆様が今後御健康で明るく笑顔で1年御過ごし頂けます様に。

Aichi Design Vision 2021試作品報告会

こんにちは メタルヒートです。

11月にメタルヒートの子会社である株式会社AMNが主催する商品開発プロジェクト「Aichi Design Vision 」の試作品報告会がありました。

「AICHI DESIGN VISION」は、㈱AMNが主催し、愛知県を中心としたモノづくり企業と、その企業の技術に惹かれ想いに共感したデザイナーを繋ぎ、コロナ禍において立ち上がったプロジェクトです。4か月という短い期間でオンラインにより打合せを重ね、新商品開発に取り組みます。私たちが創り出した商品には、“豊かな生活”と“幸せ”、そして、モノづくりの新しい時代を切り開いていく、“挑戦への想い”が込められています。

【プロジェクトページURL】

https://adv-aichi.com/

【Aichi Design Vision 2021試作品報告会】

日時:2021年11月19日(金)13:30~16:45

会場:ウインクあいち12階「1204」

来場人数:約50名

サブゼロ装置について【クライオ処理対応可能】

こんにちはメタルヒートです。
今回は熱処理炉ではなく、サブゼロ装置のご案内です。

サブゼロ処理とは焼入れ処理時に発生した残留オーステナイトを0℃以下に冷却することによって強制的に変態させる処理です。残留オーステナイトを減らすことにより経年変化、置き割れの防止、耐摩耗性の向上に繋がります。

主に-80℃程度までをサブゼロ、-130℃以下の温度を超サブゼロ、-190℃程度をクライオ処理と分類しています。

弊社保有のサブゼロ装置は国内最大級の容量となっております。【超サブゼロ処理装置(-196℃仕様)】
800×800×1200
最大処理量1000㎏/グロス

弊社サブゼロ装置の特徴は大きく2つあります。

  • 大型サブゼロ装置のため大物の処理が可能。
  • -196℃まで広い範囲での温度設定が可能。

ご質問・ご相談御座いましたらお気軽に連絡頂ければ幸いです。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp/  TEL:0566-98-2501

調理器具の熱処理(性能UP)

こんにちは、メタルヒートです。

今回は調理器具の熱処理事例を紹介します。

フライパンの強度アップ、耐熱性アップといった課題があり窒化処理にて対応しました。

鉄製のフライパンにはアルミ製と比較して「丈夫で長持ち」「均熱性が高い」「料理がおいしくなる」など

幾つかメリットが存在しますのが、「焦げ付きやすい」「汚れが落ちにくい」などデメリットも存在します。

窒化処理によってデメリットのいくつかは解消されます。

是非、調理器具の開発でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

株式会社メタルヒート/http://www.heat-treatment.jp/

オンライン会議・オンライン打ち合わせ対応可能

こんにちは、メタルヒートです。

現在も緊急事態宣言が発令されている中で長距離の移動やフェイスtoフェイスでの打ち合わせは難しい状況が続いております。

弊社では各種オンライン会議ツールによるオンライン打ち合わせを実施しております。

県外のお客様や社外へ出づらいお客様からの熱処理に関するご質問やお悩みにお答えできる体制を整えて御座います。

お気軽にお問い合わせください。

株式会社メタルヒート/http://www.heat-treatment.jp/

歪みが出やすい長尺品の熱処理事例

こんにちは、メタルヒートです。

今回は実際に弊社に問い合わせがあった大物レールの処理事例をご紹介します。

材質:SKH-51 寸法:60×60×1350L 規格:HRC60±3

弊社大型真空炉にて焼き入れ処理を行いました。

結果として硬度は規格内かつ歪み量は最大0.8㎜程度に抑えて処理することができました。

材質・寸法問わず他社様での焼入れで想定より歪みが大きく出てしまったもの、設計段階で歪みが予想されるもの是非一度メタルヒートにご相談ください。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp/  TEL:0566-98-2501

各種焼鈍処理について

こんにちは、メタルヒートです。
今回は焼鈍(焼なまし)処理について紹介します。

焼鈍(焼なまし)処理には多くの種類と目的がありますが、主なものは以下の4つです。

1鋼の軟化
2内部応力の開放と除去
3炭化物の球状化
4成分元素や不純物の均一化

これらの目的に応じて焼鈍の方法(加熱、冷却)を選定します。

焼鈍の種類目的・効果処理温度目安
拡散焼鈍鋳造品の成分元素や不純物の偏析を拡散し、均一に分布させる1000-1300
完全焼鈍鋼を最大限軟化させる。結晶粒度を整える。金属組織の標準化750-850
等温焼鈍鋼の軟化、歪除去、被削性の向上700
球状化焼鈍組織を球状にすることで、鍛造時の成形が容易になる750-850
応力除去焼鈍内部応力の除去、結晶粒度を整える450-650

メタルヒートでは超大型熱処理を使用することでこれらの処理を一度に大量投入して処理を行うことが可能であり、コスト面で大きなメリットを出すことが出来ます。

ご興味御座いましたらお気軽にお問合せ下さい。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp/  TEL:0566-98-2501

熱処理前後の分析・解析承ります。

こんにちは メタルヒートです。

弊社では協力会社にて金属の分析・解析を細かく行うことができます。

熱処理前後での結晶構造の解析、引張・衝撃耐久試験、変色・耐食分析などお客様のニーズに合わせて多方面からの解析が可能です。

新製品や新工法のトライ、不具合対策など様々な場面で貴社の研究・開発に寄与します。

【対応可能分析】

・化学分析・物理分析・有機分析・材料評価・環境測定分析etc

お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp/  TEL:0566-98-2501

事例紹介

こんにちは メタルヒートです。

今回は、社内で取り扱っている熱処理案件の一部をご紹介します。

最近ではお客様と弊社の間でお互いの技術や知見といったノウハウを出し合い、研究・開発も兼ねて量産立ち上げまでのプロセスを経ていく案件が非常に増えております。すでに量産を立ち上げた案件から試作段階の案件までありますが、

それらの案件に共通していることは先進性の高い用途に使われる部品(例として自動運転システム・航空機)や特性を出すことが難しい材料(パーマロイ・アロイ材など)を使用している点です。

そういった付加価値が高く・難しい熱処理を弊社は得意としております。

他社で品質が上手く出なかった案件や熱処理でお困りごとはございませんか?

お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp/  TEL:0566-98-2501

AICHI DESIGN VISION製品紹介

こんにちは、メタルヒートです。

今回は弊社の子会社である株式会社AMNによる新事業、
AICHI DESIGN VISION」によって生まれた4商品の紹介です!

・まるで炊きたてみたいにご飯を冷解凍できる枡のおひつ「COBITSU(こびつ)」
 

・自動車技術から生まれた、軽くて割れない急須「十年急須」

・金属の塊から削り出した、石器の様な開梱ナイフ「OOPARTS-001」
 

・立体パズル&工具不要組立て!親子のおうち時間を充実するダンボールスツール「corncob」

1月末から3月中旬にかけてクラウドファンディング「Makuake」にチャレンジしました。

結果は全商品が1日で目標達成し、合計で1500万円近い支援を頂くことができました!

次のアクションとして4月24日に名古屋でリリースイベントを開催します。

ご興味ある方は是非お問い合わせください。ADVのホームページはこちら

株式会社メタルヒート(真空熱処理)
愛知県安城市/石川県志賀町
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501