「未分類」カテゴリーアーカイブ

焼入れでのお困り事 4

何時も閲覧有難う御座います

今回は焼き割れ、ヒビ割れに付いてご紹介致します。

皆様もご経験が御座いませんでしょうか?

依頼したら割れていた、ヒビが入っていたなどといった事が・・・

原因としては焼入れ時における歪み割れ、歪み取り時におけるヒビ割れ等が考えられます。

プレート物では中央に肉厚の薄い部分が有る場合薄い部分の冷却が早く冷却差が生じ歪みの発生に耐え切れず割る事が御座います。

ヒビ割れに付きましては主にSK類歪み取り時におけるバーナー加熱時の温度差でヒビが入る事が御座います。

対策としてはダイス鋼類に付きましては、カーボンの上に置くなどで直接風が当たらない様な対策は取れますただ  完全に予防出来る物ではない為場合によっては発生する事が御座います(お困り事 3の事象が当てはまります)

SK類に付いては歪みの出にくい炉での処理、又は比較的歪みの出にくいバスケットの中央部に置くなどの対応は 出来ますがこちらも完全に予防出来る物では無い為場合によっては発生する事が御座います。

ご依頼の際にはお気軽にお声をお掛け下さい、適切なご回答をさせて頂きます。

またお客様にご了承を頂き処理を開始させて頂きます事が御座いますので宜しくお願い致します。

いよいよゴールデンウイークが始まりました、今年は規制の無い連休となりましたが感染者数がまだ多く予防処置を講じた上で楽しい連休を御過ごし頂きたいと思います。皆様に楽しい思い出が残ります様に!

焼入れでのお困り事 3

閲覧有難う御座います、今回は前回からの関連事象で、円筒形製品の焼入れ問題に付いて上げさせて頂きます。

円筒形製品ここで上げさせて頂くのは中抜け製品、いわゆるパイプ形状品に付いて上げさせて頂きます。

パイプ形状品の焼入れに付いての注意点と致しまして、焼入れ後に楕円形状に歪みが出る事をご了承下さい

SK系及びダイス鋼系の製品に付きましても同様の事象は起こります、一度発生してしまうと歪みを取る事は出来ません、その為ご依頼の際には内、外径に研磨しろを十分にとって頂く必要が有ります。

一般的に0.4位の研磨しろをとって頂く必要が御座います、肉厚、形状により異なります。

対策としては研磨しろを取る以外に処理後にワイヤーカットをする、但この場合ワイヤーカットに対する熱体制を製品に付けないといけない為、硬度が下がります。

中にダミーの治具を入れて焼入れを行う処理が御座います、但この場合はSK系の製品に付いては適応出来ません、理由としては油冷に依る冷却の際に油が製品とダミーの間に入らず冷却不良を起こし硬度が入らないどころか組織的に異常な状態になり製品として使用出来ない場合が御座います。

以上の観点から使用できる対策が限られて来ますのでご依頼の前にご相談頂きます様宜しくお願い致します。

また高周波処理、ソルト焼入れの対応も出来ますのでお気軽にご相談下さい。

ウクライナ問題で世界中が慌ただしい状態になり悲しい現実が連日報道されております、戦争が肯定される事は決して有りません、一日でも早く終戦する様、願うばかりです。早く笑顔の溢れる日が来る事を期待しています。次回は明るい話題で投稿出来る事を願っています。

焼入れでのお困り事 2

前回上げさせて頂きました事案においての補足ですが、イメージとしては輪ゴムを両手で持った状態が焼入れ前の状態でそこから少し引っ張った状態が焼入れ後の状態になります。

伸びた側をXとすると引っ張られた側がYになります、Xが伸びた分Yが細くなっているはずです。

この事から焼入れをすると縦方向が寸法+に逆に横方向が寸法-になります、寸法が長くなればそれだけ変寸も

大きくなります。ボルト穴やピン穴を作る際は変寸を考慮に入れないと組み付け時にピッチがずれてしまい

ボルトやピンが入らない場合が有ります。また歪みによる位置ズレが発生する場合が御座います。

ご依頼の際は、お気軽にご相談頂けますよう宜しくお願い致します。

次回は、歪み、割れに付いて上げたいと思います。

☆オリンピックも終わり日本勢は最多数のメダルラッシュで閉幕しました。このあとのパラリンピックの方にも期待したい所です。

焼入れでの困り事 1

こんにちわ、今回は焼入れでの困り事に付いて書いてみたいと思います。

焼入れのご依頼をされて帰ってきたら寸法が変わっていた、なんて事は御座いませんでしょうか?

これは焼入れ時における、組織変化時の変寸による物で、寸法に対し0.05%の変寸が発生しています。

例えばX=100MM、Y=100MMのダイス鋼があれば、焼入れ後X=0.05MM、Y=ー0.05MM

の変寸が起こっています。この事から、完成系の製品を焼入れしてしまうと変寸により使用不可能になってしまいます。(一部鋼材によっては完成系製品でも可能な物の御座います。)

ご依頼の際にはお気軽にご相談頂きます様宜しくお願い致します。

さて本日より北京オリンピックが開幕しました、先駆けてアイスホッケーでの初勝利が有りました。今後が楽しみですね。観戦には行けませんが、自宅からの応援で楽しみましょう。

謹賀新年

明けましておめでとう御座います、本年もメタルヒートを宜しくお願い致します。

2021年はコロナウイルスの影響により、何かと慌ただしい1年となってしまいました。

夏季オリンピックにて日本代表の活躍に観戦が出来なかったにしろ、日本中が湧き株価も一時期3万円台に到達し

経済状況の方も上向き傾向に入って来ました。

今年は冬期オリンピックも有り、年越しで日本並びに世界中の笑顔から1年がスタート出来る事を願っております。

コロナウイルス第6波が来ておりますが、皆様が今後御健康で明るく笑顔で1年御過ごし頂けます様に。

各種焼鈍処理について

こんにちは、メタルヒートです。
今回は焼鈍(焼なまし)処理について紹介します。

焼鈍(焼なまし)処理には多くの種類と目的がありますが、主なものは以下の4つです。

1鋼の軟化
2内部応力の開放と除去
3炭化物の球状化
4成分元素や不純物の均一化

これらの目的に応じて焼鈍の方法(加熱、冷却)を選定します。

焼鈍の種類目的・効果処理温度目安
拡散焼鈍鋳造品の成分元素や不純物の偏析を拡散し、均一に分布させる1000-1300
完全焼鈍鋼を最大限軟化させる。結晶粒度を整える。金属組織の標準化750-850
等温焼鈍鋼の軟化、歪除去、被削性の向上700
球状化焼鈍組織を球状にすることで、鍛造時の成形が容易になる750-850
応力除去焼鈍内部応力の除去、結晶粒度を整える450-650

メタルヒートでは超大型熱処理を使用することでこれらの処理を一度に大量投入して処理を行うことが可能であり、コスト面で大きなメリットを出すことが出来ます。

ご興味御座いましたらお気軽にお問合せ下さい。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp/  TEL:0566-98-2501

熱処理前後の分析・解析承ります。

こんにちは メタルヒートです。

弊社では協力会社にて金属の分析・解析を細かく行うことができます。

熱処理前後での結晶構造の解析、引張・衝撃耐久試験、変色・耐食分析などお客様のニーズに合わせて多方面からの解析が可能です。

新製品や新工法のトライ、不具合対策など様々な場面で貴社の研究・開発に寄与します。

【対応可能分析】

・化学分析・物理分析・有機分析・材料評価・環境測定分析etc

お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp/  TEL:0566-98-2501

AICHI DESIGN VISION製品紹介

こんにちは、メタルヒートです。

今回は弊社の子会社である株式会社AMNによる新事業、
AICHI DESIGN VISION」によって生まれた4商品の紹介です!

・まるで炊きたてみたいにご飯を冷解凍できる枡のおひつ「COBITSU(こびつ)」
 

・自動車技術から生まれた、軽くて割れない急須「十年急須」

・金属の塊から削り出した、石器の様な開梱ナイフ「OOPARTS-001」
 

・立体パズル&工具不要組立て!親子のおうち時間を充実するダンボールスツール「corncob」

1月末から3月中旬にかけてクラウドファンディング「Makuake」にチャレンジしました。

結果は全商品が1日で目標達成し、合計で1500万円近い支援を頂くことができました!

次のアクションとして4月24日に名古屋でリリースイベントを開催します。

ご興味ある方は是非お問い合わせください。ADVのホームページはこちら

株式会社メタルヒート(真空熱処理)
愛知県安城市/石川県志賀町
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501

6-4チタンの熱処理事例

今回は弊社での処理事例を紹介させて頂きます。

今回の依頼は64チタン(Ti-6Al-4V)の熱処理です。弊社は3室式真空連続炉による高真空度とAr(アルゴン)ガスを使用することで、熱処理後の酸化・窒化を極力抑えた処理を行うことが出来ます。

積層造形の場合、加工時に表面に酸化スケールが付くことがあり、それらが熱処理(特に真空度)に影響を与えることがありますが、弊社では変わらず高真空化で処理を行うことができるノウハウがございます。

量産・試作・単品なんでも承ります。

ご興味御座いましたら、なんなりとご質問下さい。

※弊社HPにはチタン熱処理のページも御座いますのでご覧下さい。

http://www.metalheat.co.jp/technique/

 

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp/  TEL:0566-98-2501

レール(1350L)の焼入れ事例

こんにちは、メタルヒートです。

今回は大物レールの処理事例をご紹介します。

材質:SLD-M 寸法:60×60×1350L 規格:HRC60±3

弊社大型真空炉にて焼き入れ処理を行いました。

結果として硬度は規格内かつ歪み量は最大0.8㎜程度に抑えて処理することができました。

材質・寸法問わず他社様での焼入れで想定より歪みが大きく出てしまったもの、設計段階で歪みが予想されるもの是非一度メタルヒートにご相談ください。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp/  TEL:0566-98-2501